忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 つづき

前回も書きましたが製作前の下準備はとても大切である。

IMG_3705.JPG











映画のパンフレットや恐竜博の図録が今回のメイン資料である。

これに限らず原生動物の資料もありますが紹介しきれないので今回は割愛します。

ちなみに原生動物とは、かいつまんで言うと現在この地球上に存在する動物のことですね。絶滅動物の反対語ですね。


恐竜は当然「絶滅動物」なので、今この時点では地球上にはいません。
あるのは石化した骨と一部の皮膚だけである。

しかしそれがあると言うことは「確実に存在していた」という証拠であるのですね。

僕は、ここに恐竜のロマンがあると思うのですよ。

だってあんなに巨大な生き物が歩いてただなんて想像するだけでなんだかワクワクするのである。

しまった話がズレてしまった。



資料の話でしたね。



こつこつと集めた資料をパラパラめくり 「おっ」 と思ったところをひたすらチェックします。絵でも写真でも文章でも。

頭に叩きこんだり何と無く覚えたりノートにメモをとったりスケッチしたり。


で今回はティラノサウルスの頭を作るので「頭骨」をまず調べます




IMG_3701.JPG

IMG_3703.JPGIMG_3704.JPG







      「スー」              「スタン」             「スコッティ」


3枚とも「ティラノサウルスの頭骨」である。

左から 「スー」  「スタン」  「スコッティ」 ですね。

ティラノサウルスの化石は現在では23体くらい発掘されているみたいです。それに反して頭骨は現在8~10個ほどしか発掘されていないそうです。

なんでこんなに少ないのかと言うと「化石」とは長い年月をかけて形成されるのです。1億年くらい地面の下に埋まっているのである。
なので完全な形で発掘されることはあまりなく、ゆがんでいたり、こなごなだったりするんですね。

しかもせっかく発掘したのに「これはティラノじゃないタルボサウルスだ」とか言われたりするんですね。

なにしろ1億年以上前の骨ですからね。色々あるんですね。

あ、また話がズレましたね。




「頭骨」の説明

 「スー」

全身の90%がほぼ完全な状態で発掘された奇跡のかたまりの様な化石である。僕も2005年の恐竜博で上野に見に行きました。
スーザンさんが最初に発見したので愛称の「スー」と呼ばれているとの事。


「スタン」

スタンさんが発見したのでスタン。ひねりなし。こちらは全身の70%が以下略


「スコッティ」

発掘したとき現場でスコッチウィスキーで祝杯をあげたことから愛称が「スコッティ」に。こちらは全身の65%が以下略


他にも「ロッキー」や「ダフィー」と言われるティラノサウルスの化石がありますが僕の持っている資料はこの3つです。


ティラノサウルスも当然生き物ですから「個体差」というものがあります。

個体差というのは同じ種類でも何所か違うというような事である。
例えば「柴犬」でも「ハチ公」とそれ以外の柴犬ではどこか違し。人間にいたってはもうみんな違いますね。

例をあげると

bfa9b162.jpegda9b6fba.jpeg














「リブ・タイラー」さん と 「アン・ハサウェイ」さんですね。

「アルマゲドン」 と 「プラダを着た悪魔」ですね。

僕はこの2人は似すぎだと思います。でも個体差があるので同じように見えても何所か違うんですね。


ちなみに左が「アン・ハサウェイ」さん で 右が「リブ・タイラー」さんですよ 。



 人間にもティラノサウルスも個体差があるのである。


で今回参考にするのは「スタン」に決定。だって1番カッコイイじゃない。


てなことで前回のスケッチをさらに描き直し

IMG_3699.JPG











こんな感じになりました。台座も少しカッコよくなりました。




つづく

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TRACKBACK URL: 
 カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 プロフィール
HN:
 タキ
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/05/19
自己紹介:
 絵を描いたり粘土細工やドラムを、たしなみながら細々と生息してます。


 ワンダーフェスティバル2009夏にてディーラーデビュー。


 じわりじわりと造型活動を続けています。
 フリーエリア
 最新TB
 最新CM
[08/25 kanosue]
[08/21 タキ]
[08/21 kanosue]
 バーコード
 ブログ内検索
 P R
 カウンター