忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよいよ今回でティラノヘッドも最終回です。

3面とりは初めてだったんですがうまくいきました。P1020052.JPG











少しバリがありますが歯は一本もカケてません。

「なかご」を使った3面取りの詳しい方法は「フィギュアの達人上級編」に載っていますので興味がある方は購入をオススメします。



41b7MHSlRkL__SS400_.jpg











原型→複製→塗装 が基本から載っていますし、初心者がつまづきがちなポイントや裏ワザなどもカバーしてくれている良質なハウトゥ本だと思います。アマゾンのレビューでも評価が高いですね。

この本がなかったらシリコンの気泡抜きにバッファというのをつけなかったです。コトブキヤさんありがとうございます。


あと前回で少し説明不足だった台座の作り方。

何年か前に電撃ホビーマガジンの「スクスクスクラッチ」というコーナーで紹介されていた方法を応用しました。
紙面では「市販されてない大きめのモビルスーツのバーニアを自作する」というようなかたちで紹介されていました。
モビルスーツのバーニアに限らず円錐形のパーツ全てに応用がきく方法だと思います。

ベースのデザインは悩んだ結果、チェスの台座風にしました。

5072fbc1.JPG











まずは図のようなパーツを自作します。タミヤさんから出てるオーソドックスなプラ板、プラ棒、プラパイプで作れるのでガンプラ出身者には簡単だと思いますが初心者の方でもここまではそれほど難しくない作業です。

気をつけるのは5mmプラパイプと1mmプラ板の接着ですが、かなり頑丈に接着しないとこのあとの作業ですぐとれてしまうので瞬間接着剤はオススメできません。

4ddd4cb0.JPG











全体にポリパテが食いつかないようにメンタムを塗って、ポリパテを盛って、くるくるまわせばあら不思議、ティラノヘッドのチェス風台座ができましたーーーー
 
 って まあ実際やるとわかりますがそんなに簡単じゃなかったです。そのあたりの苦労は前回の日記に書いてありますので・・・・。

微調整と表面処理が大変でしたようもう・・・・。

DSCF0099.JPGDSCF0098.JPG














パーツが少ないので残りは塗装だけなんですがスケジュールはお馴染みの(?)イベント前夜の修羅場状態でした。

しかも雨が降っていて塗装が大変だったのはいい思い出です。


DSCF0102.JPG










DSCF0109-2.JPG














イベント当日。


ティラノヘッドを作り始めたきっかけは3年前くらいにスタン・ウィンストンさんが他界されたのがきっかけでした。
アメリカで有名な特殊メイク・特殊造型の方なんですが日本では知名度よりも参加された作品の方が有名ですね。

「エイリアン2」 「ターミネーター」 「プレデター」 「ジュラシックパーク」

他にもまだまだありますがスタン・ウィンストンスタジオがなければ当然これらの映画は無かったと思います。
巨匠スタン・ウィンストンも病気には勝てず惜しくも「アイアンマン」の製作途中で、他界されてしまいました。

個人的な追悼といいますか「何かしなくては」と思い、自分の造型人生を思い返すと小学生の頃に強い影響を受けた「ジュラシックパーク」がやはり心に深く刻まれている事を再確認したのがきっかけです。




おわり

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TRACKBACK URL: 
 カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 プロフィール
HN:
 タキ
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/05/19
自己紹介:
 絵を描いたり粘土細工やドラムを、たしなみながら細々と生息してます。


 ワンダーフェスティバル2009夏にてディーラーデビュー。


 じわりじわりと造型活動を続けています。
 フリーエリア
 最新TB
 最新CM
[08/25 kanosue]
[08/21 タキ]
[08/21 kanosue]
 バーコード
 ブログ内検索
 P R
 カウンター